往生人は釣りが趣味だというご主人の話を聞いていたことによってご主人を偲び海のイメージの飾り付けを、ご提案させていただきました。
如来の教えを介在して日頃の面倒を除外したり、幸せを渇望する、あるいは、如来を通して祖先のお詣りをするのが仏壇のお役目と思います。
この祭祀はお寺の準備や位牌の手配など準備を事前にすることが多く、(いつまでに何をするべきか)ちゃんと心得ておく必要です。
中学生の時に母上様を亡くしたから仏事は世間知らずなので、しかも話を聞く親族もいないので、十七回忌といっても何をしたらいいのか分かりませんでした。
昨今お寺は葬儀や法事で読経する人という感じが強いですが、古来から僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)とは釈迦の教えや、仏教を原則的に伝わるように、伝達するのが役割なのです。

病院で亡くなったケースは数時間で業者を決定しそれに加えて即日に2~3か月分の収入額の、お買い物をしないといけません。
僕が喪主となるのは父の葬儀妻の葬儀令息の葬儀ぐらいのもので、父親の葬儀も次男だから務めないし、配偶者の葬儀式も先立つので喪主はしません。
仏の供養に手を出す身内が焼失してしまうと親戚、の引受人として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に連絡を取り、ご家族の命日に、契約した年数、供養を実施していただく事、永代供養を意味します。
亡くなった人を弔い葬り去るステージが死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わり誰が一体故人を見送っているのだろうか、と強く記憶に残ったことだった。
後飾りは葬儀式が終了して片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌というものを自宅で法要まで安置してお祀りする祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)と言います。

先祖代々に対しての供養ですので親類たちで実施した方が、最良だと思いますが、それぞれの理由で、する事が無理な時には、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるご供養に限り、求める事もあります。
禅宗のお寺などにお詣りした経験のある方だったら承知だと思いますが、本堂の中に入ると、奥の仏像を定置している壇や導師が願懸けするための壇もあります。
鮮魚や野菜とは全く異なりピーク時のあるものとは異なり何にも見ないであれやこれやと考えてしまうより、この様に実物を見て、ご自分の好きなカラーや、石肌石目を発見しましょう。
家族葬の感覚として世間は『家族だけの葬儀』『家族と友人だけの祭事』が大半のイメージで、家族葬のフィールドにに連鎖する解釈も様々のようです。
普通の参列者はご家族の後方に席をとり訪ねてきた順番にご遺族の後方に座って、もらうと、自然に誘導できます。