ご家族・親戚と一定の人々のみを誘いだして、見送る、セレモニーを、「家族葬」と称されるようになり、この頃では、身近になって、こられたそうです。
お仏壇とは想定されるように仏様簡単にいうなれば如来様をお勤めする壇のことでその事に加え近年では、命を落とされた家族や、ご先祖を祀るところという思いが、社会的になりつつあります。
死亡者は釣りが趣味のご主人の話を聞いていたからご主人のために海の構想で祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を、プランニングさせていただきました。
また想定していないときは事前見積もりを、していた葬儀社に葬式を託すことが叶うから、実際にと感じた時もゆっくりと適応することが出来るのです。
はじめて葬儀を執り行う人はリスクが多いと言えますが葬儀式は一生で数回も敢行するものでもないから、だいたいの者はアマチュアです。

尊い人が死んでしまったことをきちんと受け止め故人の冥福を祈る事で集結した親族や友達と、感じあうことが、深い悲しみを癒してくれます。
火葬に相当する職人は縄文時代から坊主が人々の中に入り道の隅に放置された遺体を集め、供養して火葬したことに始まり、『オン坊』と称されるようになったのだろう。
死亡者のスペースの整頓クリーニング作業、ゴミのゴミ処理とかの遺品生理は、現在に至るまで親族の方の仕切るというのがポピュラーでした。
こういったふうに様に重要な方を亡くしてしまった親兄弟、においては、周囲の、知り合いが、経済事情、応援、を試みる。
しかし最近では火葬のみの方や家族葬を希望する方が増えてきていますのでこの世の最後は、自宅を選択する方も増加中です。

一般人は我々は『法事』と呼ぶそうですが、綿密に言うと、坊主に読経を読んでもらうことを「法要」と言っており、法要と後席の食事会も含んだ祭事を『法事』と指しているそうです。
愚息が喪主となるのは保護者の葬儀主人の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、親のお葬式も長男とは違うので引き受けないし、息子の葬儀式も先に死ぬと喪主はしないでしょう。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」を揶揄した言葉遣いだけでなく「葬儀に関係するから穢れている」という内容を示したりする。
家族葬勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや家族葬ホール見学会などを行っているわけですから、何よりもそういうのに伺ってみることをアドバイスしています。
そのうえお墓の形状も今では色々と存在し古くは決められた形状のものでしたがここ数年で洋風化された、墓石が多くみられますし、縛られない形にする家族も、増えてきた模様です。