例として葬儀の式場一つに関しても最高のホテルの式場が憧れだということもあれば、寺院の格式ある雰囲気の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。
満中陰法要の時と異なり後々に残るもので大丈夫ですし住んでいる場所の風習等によっても、差異があるものですので、仏具店などでご相談してみるのも仏具店などでご相談なされるのも、良いかと思います。
女房の御両親は時宗でそのお位牌を預け入れるのですが、当人の居住地一角には日蓮宗の刹那寺が存在しないのです。
葬儀式を準備する人は遺族総代、地域の会長や関連する共同体、会社の人など、詳しい人の意見を照らし合わせて進めるのがいいと思います。
浄土宗ではどちらの菩薩を本尊と理解してもまるごと如来に通ずると考えた教えですが、死者宅で葬式を行う際は、本尊様として軸を使うことがあります。

一般的に我らは『法事』と聞かされていますが、杓子定規に言うと、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に読経を読みいただくことを「法要」と呼んでおり、法要と宴会の席も合わせた催事を『法事』と指しているそうです。
通常はお通夜に遺族のお礼はなかったですが、幾年では通夜に会葬者が増えており、謝辞をされる方も多くなったといわれています。
それに加えてお墓の外観も今では色々と存在し少し前までは決まりきった形状のものばかりでしたがここ最近は洋風化された、墓石が多くなっているようですし、自分の気に入った形状にする方も、増加傾向にあります。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのはこれからの余生を『どんな感じに旅たちたいか』と言われる希望を形にやること、終生の終わりにおいてアクティブに手筈することで、良好な生きる活動です。
葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教のお別れの儀では先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経など行い、その後に告別式、主に喪主・家族・親族が故人とお別れする会が、実施されています。

昨今では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称されていますが元来祭祀儀礼を行う建物および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を指摘する呼び方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称することも多いようです。
主要な人の危篤を病院の人から報告されたら、家族や自分が会いたいと希望している人に、一瞬でお知らせをしておきましょう。
しかし今の時代は火葬式や密葬・家族葬を選ぶ家族も増加してきましたのでこの世の最後は、自宅を希望する家族も多くなりました。
往生人の室内の取り片付け清掃作業、ゴミの掃滅といった遺品生理は、古来家人の先駆するのが全体的でした。
ボリュームやランクによって信用が変わるのではなく葬儀業者の取り組みや方向性接客態度や応対で、見極めることが大事です。