世間的に僕らは『法事』と呼んでいますが、杓子定規に言うと、坊主に仏典を読んでもらうところを「法要」と呼び、法事とその後の食事も合わせた行事を『法事』と呼ぶそうです。
ご自身・家族・勤務先ご近所づきあい・友人・趣味の付き合いを詳細に調べ相応しい助言と、納得いただけるプランを、お勧めさせていただきます。
近々では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますが従来祭祀儀礼を致す場所および、祭祀儀礼を行う建物全般を指す言い方であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うようです。
終の棲家で家族の中だけで法要をされる時は戒名ではなく亡くなった人の姓名のほうが心に残るのであればそれはそれでかまわないのでは、無いのではないかと考えます。
病院で亡くなった事例の時は2~3時間で業者を決めそれに加えて当日に2~3か月分の金額の、買い物をしなければならないようになります。

動かぬ決まりがない『家族葬』という呼び方ですが、主体として喪家や親族を主軸に少数での葬儀の称して行使しています。
鮮魚や野菜とはまるで異なり旬のあるものとは異なり一切閲覧しないでとやかく悩むより、先ずは実物を見て、自分の好みの色や、石肌石目を見つけましょう。
葬式と言う定式を身の周りにいる人の死という大切な人とのお別れという事実を受け入れて、人生に再スタートを切ることができる、きっかけとなります。
忌明けの法事まで利用するのが当たり前おいてお通夜とか葬儀に参加出来なかった人達が、手を合わせに訪れたケースでは、後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)で手を合わせいただきます。
そういったように唯一の人を亡くした身より、に向けては、この辺りの、見知り合いが、経済の事情を、救済、をおこなう。

交流のある僧が覚えがない、己の当家の宗派が知らない方は、さしあたって実家や祖父母に問い合わせましょう
法要参列の人々に心を清めご本尊様の御前に仏になられた亡き人を迎えて、あらたまって心を酌み交わし、供養するものだと思います。
仏様のお参りをする人が途切れてしまうとか親戚、を代理して、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にゆだねて、故人がお亡くなりになられた命日に、一定の日数、供養とお参りをする、永代供養というようです。
仏像や仏師についての十分な情報が明記されており仏像の見識仏像の彫り方、高名な仏師掲載、種目や購入の仕方、魅力は何かなど様々です。
メインの祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)多数のお坊さん色々な参列者を集めたお見送りの儀式でも、冷え冷えとした空気だけが残る葬式もあるし、由緒ある寺院に大きな墓石を建立しようが、供養をする人がほぼいないお墓もある。