昨今は通夜式・告別式を執り行わない直接火葬場で故人を納骨を執り行う『直葬』を執行する家族が増加中です。
坊主と関わることがなく葬儀式の時間に葬儀屋に宗教者を斡旋して頂く場合は、お布施はどれくらい拠出すればいいのかはかりかねるので、心配を抱え込む方も多いようです。
病院で亡くなったケースは数時間以内に葬儀社を探しだしそれからその日のうちに数か月分の収入と同様の、購入をすることになります。
二世帯住宅で同居の父が独りである日ふらっと散歩に出ていき規則的に葬儀・お墓・永代供養などのチラシを持って帰宅し生き生きと説明してくれました。
一例とすれば葬儀の式場一つに関しても大きなホテルのホールが良いという願いもあれば、お寺の素晴らしい雰囲気の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。

火葬にあたる職業の人は縄文時代から僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)が民間の中に入り路肩に捨てられた死体を集め、供養して火葬したことが要因として、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。
家族や兄弟へのメッセージを通知する手紙として、それから自己のための記憶清算手記として、世代を問わず気さくにメモする事が期待出来る、生計の中でも使いやすいメモです。
お仏壇とはその名前の通り仏様結局のところは如来様をお勤めする壇の事を指しそれに加え近頃では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀るところという考え方が見方が、自然になりつつあります。
喪家と呼ばれるのはご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家族を東日本では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを主として、採用される、ことが大概です。
奥さんの親御さんは臨済宗で位牌を受託するのですが、僕の暮らす近隣には浄土宗の刹那寺が存在しないからです。

以前は通夜に喪家のお礼はありませんでしたが、近頃は通夜に参列者が増えており、訓示される方も増加中です。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の儀式では最初に坊主による読経など行い、その後に告別式、主に家族が故人とお別れする会が、実行されています。
損のない御葬式を執り行うためにもぼんやりとしたものでも良いのでこういう見送りにして欲しいなぁ、という想像を、することが大切なことだといえます。
法事参加の方々に心を洗い最澄の面前に仏になった往生人をお迎えし、再度言葉をかけて、供養するものです。
仏の教えをまとめて日ごとの厄介ごとを処置したり、幸せを望む、あるいは、お釈迦様を通してご先祖様のお勤めをするのが仏壇の役目です。