亡くなった方の室内の取り片付けクリーニング、廃棄品の廃棄処分などの遺品生理は、至るまで近親の方の先駆するのが通常でした。
普通の参列者はご家族の後方に席をとり到着された方から順番にご家族の背中側に座って、くれれば、滑らかに手引きできます。
お通夜は以前は親族や近しい人が徹夜で亡くなった人に寄り添うものだったが、今では夜半に終える半通夜が普遍的です。
家族葬には目に見えた多義はなく親族を主体に、会社関係の方など故人と深い人が集中してさよならを言う少ない人数での葬儀式を言うことが多い感じです。
中学生の時に父を亡くしてしまったので法要には無知で、そして教えを乞う血縁者もいないため、五十回忌といってもどうすればいいのか不明だと思います。

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは昔は古来神道の用語で聖祭・儀式を行う場所を言いましたが、今では、転じて主体的に葬儀を実施することが望める施設を指します。
それに加えてお墓の外観も近年では多種多様で昔は決まりきった形状のものでしたが近年では洋風化された、墓石が増加傾向にあるようですし、自由な形状にする人も、増加しています。
亡くなった人は趣味が釣りだというご主人の話を聞いていたから旦那さまをおもい海のイメージの飾り付けを、お話しさせていただきました。
家族代表は通夜・葬儀・告別式の実際のところの窓口となり広い範囲の働きとしては列席いただいた人へのおもてなし、などがございます。
祭事を円滑に行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションも大切なことになりますので細かく思われることでも、遠慮なくお聞きください。

自身が喪主となるのは肉親の葬儀嫁の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、父のお葬式も長男ではないので引き受けないし、娘のお葬式も先に亡くなると喪主はなりません。
昔から地元密着という葬儀屋が殆どみたいですが近頃はお客様の希望に合わせた葬儀社など、持ち味をいかした、葬儀社も増えています。
今まで葬儀文化を介在に寺院と一般大衆はギリギリで繋がりを持ってきたが、その仏事においても、仏事離れが始まった。
自分のお葬式や葬送の進め方について生前に段取りしておく事を望む方奥様と相談したりエンディングノートに書く事が増加中です。
家族葬勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)勉強会や斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)見学会などを行っているはずですから、ともかくそういうのに伺ってみることをアドバイスしています。