仏のお参りをする残された人が失われてしまうとか親類、を代行して、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に要望して、亡くなった方の命日に、決められた期間、供養をやっていただくこと、が永代供養の内容です。
仏事を支障なく行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションも非常に大切になりますので取るに足らないと思われることでも、ご質問ください。
最澄の教えを合算して年中の障害を善処したり、幸せを希望する、あるいは、如来を通して代々のお詣りをするのが仏壇の価値だと思います。
見え見えな通念がない『家族葬』という類語ですが、中心的に喪家や親族を核とした少人数での葬儀式の俗称として使用しています。
加えて想定していない事態では生前に打ち合わせを、していた葬儀屋に葬儀を頼むことが叶いますので、実際にというような時も少しずつ応じる事が可能になるのです。

通常俺たちは『法事』と呼びますが、基本的に言うと、坊主に読経を読んでもらう点を「法要」と呼んでいますので、法要と精進落としも含んだ祭事を『法事』と言います。
良い葬儀とはさよならに集中出来る葬儀のことで円滑に葬儀を締めくくりことができ、後悔なくさよなら出来ることが、良いお葬式といえるかもしれません。
お仏壇とはその名前の通り仏様結局のところは如来様をお参りする壇の事を言いそれに加え最近では、命を落とされた肉親や、ご先祖を祀るところという考え方が、社会的になりつつあります。
葬儀のパターンや進行すべき点というのは葬儀屋が指示してくれますし喪主のお礼の言葉も定型文が準備されていますので、それにプラスして家族のエピソードなどを加えて話をすれば問題ありません。
葬儀にこだわりなんてと予想外に感じると思いますがお葬式を想定する上ではどこを大切に思うか、ということなのです。

習慣的に地域密着というセレモニー会社がほとんどだったようですが近頃は色々な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)が出来る葬儀社など、特色をPRした、葬儀社も増えてきました。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのはこれからの余生を『後悔しないように生きたいか』といった思惑を実行すること、スタイルのエンディングに対して生き生きとお膳立てすることで、素晴らしい暮らす動きです。
融通念仏宗ではどちらの仏をご本尊としても全部如来に通ずると考えた経典だと言われていますが、死者宅で葬式を葬式をするときは、本尊様ということで軸を使うことがあります。
喪家と呼ばれるのはご不幸のあったご家族を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使う事も多く喪家は関西界隈を中心に、使用される、ことが多いようです。
一緒に住んでいる父がとある日一人でふらっと散歩に出向いて毎度毎度葬儀・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰り談笑していました。