無宗教のお見送りの会は縛りのない一方でそれ相応の台本を準備する、事象もあり、ご要望や想いをもとに、お見送りの会を生み出す、流れが基本です。
仏の教えをまとめて年中の不祥事を処理したり、幸せを望む、または、仏様を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の役割だと思います。
家族の要望を叶えてくれるのは要するにお客様本位の葬儀業者に違いありませんしこんな感じの葬儀屋さんは、往々にして、これ以外の要素も。申し分ないと感じます。
病院で亡くなったケースは数時間以内に葬儀社を探しだしさらに当日中に2~3か月分の収入額の、購入をすることになります。
追悼コーナーに足を進めた列席者の人々が酒が趣味の○○さんはよく一緒に飲みました、と言われていて、ご遺族は驚かれていました。

祭祀は寺院の仏教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う儀式で、道理では遺族のみが参列されていたようです。
別途葬儀会場への宿泊が困難な場合、地方からの列席者の民宿の準備をしたり、レンタル衣装や美容院など、葬儀では何かといきなりのトラブルが起きます。
だけど現代は火葬だけや家族葬や密葬を希望する遺族も増える一方ですので最後はお気に入りの場所でと、自宅を選択する方も増加中です。
素敵なお葬式とはお別れに専念できる葬儀のことですいすいと無事に葬式を終わらせることができ、きちんとサヨナラすることが、良い葬儀といえるでしょう。
家族葬の構想として素人は『遺族の葬式』『遺族と友人だけの葬式が過半数を占め、家族葬儀の専門部にに従属する印象も個々と思われます。

己妻の親族は融通念仏宗でそのお位牌を預け入れるのですが、吾輩の暮らしている近所には日蓮宗の氏寺がないと思います。
浄土宗ではいずれの聖人をご本尊としてもどれもこれもお釈迦様に関係するとした経典ですが、死者宅で葬式を葬式をするときは、本尊様として軸を使うことがあります。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の考えのお葬式では初めに僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経等々施し、続いて告別式、主にご家族ご親族が亡くなられた方をお見送りする会が、開催されます。
ホスピタリティで逝去されたケースでは霊安室から2時間程度で退去を要求される事も多々あり、送迎車を用意する必須です。
喪家の代表は葬儀式の実務的なところの代表となり広範の役割分担はご参列いただいた方への挨拶、などを行います。