終の家屋で家族の中だけで法要をされる時は戒名ではなく故人のお名前が胸にくると思うならそれでも結構なのでは、無いんじゃないかといえます。
多くの喪主は葬儀をした経験がないので予算はどれくらいかかるの?葬儀屋さんに連絡する前に世間一般の知識を知りたい、と心配になるようです。
今日まで葬儀文化をコネクトにお寺と民衆はやっとのことで繋がりを持ってきたが、その宗教的行為においても、お寺離れが始まった。
仏様は趣味は海釣りだったという事情を知っていたことによって釣り好きの故人のために海の想定で祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を、ご提案させていただきました。
仏式において北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体安置の習わしは神式やキリスト教などの仏式以外の、一つ一つの宗教・宗派によって決まりごとが違います。

今頃は通夜式・告別式を行わず直接火葬して納骨を実施する『直葬』を仕切る喪家が増加しています。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは次の生き方を『後悔しない生き方をしたいか』と考えられる望みを成熟すること、シンプルライフの終焉に対してアクティブに手筈することで、満足する生きる活動です。
一般的に葬儀会場ひとつとっても見事なホテルの会場が良いという方もいれば、寺院の素晴らしい情景の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。
そんなように重要な方を離別した世帯、に向けて、この辺りの、方が、経済の面を、お手伝い、して差し上げる。
法要参加の人々に心を浄化し菩薩の前面に仏になられた亡き者をお迎えし、あらたまって心をかわされ、お勤めするものだと考えます。

それにお墓の形状も今日この頃では色々で一昔前までは形もほとんど同じでしたが今日この頃では洋風の、墓石が増加中ですし、自分の思い通りの形状にする方も、多数存在されます。
二世帯で住んでいた父がある時一人でフラフラと散歩に出掛けて毎回お葬式・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰宅してきて内容を楽しそうに説明してくれました。
本人・家族・仕事先近所づきあい・親しい友人・趣味の付き合いを明確に調べしっかりとした詳細を説明し、納得いただけるプランを、ご提案します。
喪家と呼ばれるのはご不幸の家族を指し示す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西地域を主体として、選ばれる、流れがみられると言えます。
遺族の希望を映し出してくれるという意味では要するにお客様本位の葬儀業者に違いありませんしこんな感じの葬儀屋さんは、ほとんどの場合、他の要素も。優秀なはずです。