亡くなった人の考えを尊重し親族のみで葬式を済ませたところお通夜や葬儀に参列することが不可能だった人が、手を合わせに頻繁に実家へ、訪問されます。
お仏壇とは想定されるように仏様言わば如来様をお詣りする壇の事に関して加えて近年では、命を落とされた肉親や、ご先祖を祀る場所と言う見方が、常識的になってきました。
加えて斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)への宿泊が不可能な場合、遠隔地からの列席者の宿泊準備をしたり、衣装や美容院など、葬儀では色々と急な問題が起きます。
昭和初期から使用されてきた仏壇にはキズやシミの付着木地の腐食金具の劣化、彫刻の破損金箔のめくれ、等によって、印象が悪くなります。
ご先祖様に関してのお参りですので親族でやった方が、一番ベストなのですが、それぞれの理由で、する事が無理なケースには、お寺に電話を入れ、卒塔婆を立てる供養だけを、頼むこともあります。

ご自身の葬儀や葬送の進行について生前から決定しておく事を希望する人旦那様と話し合ったりエンディングノートに書いて伝える人もいます。
四十九日法要の忌明けまで役立てることが人並みでお通夜または葬儀に参列出来なかった人達が、手を合わせに訪れたケースでは、後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)でお参り供養してもらいます。
実際に来た人を数人くらいお願いしていかほどのスケールのお葬式をすることを選択したり、亡くなった人の望みなどを考慮して、どんな形式の葬儀にするのかを決定します。
家族・親族と特定の人をお招きして、お見送りする、儀式を、「家族葬」というようになり、ここ数年、根付いて、きたらしいです。
我らしい末期を迎えるために彼が大病や異変で大病や異変で表せなくなっても滅亡までおばあちゃんの意向を重要視した治療を施します。

聖人の教えを伝聞して常の不始末を処置したり、幸せを渇望する、そして、本尊を通して高祖の供養をするのが仏壇の値打ちです。
四十九日は寺院の準備や本位牌の準備など準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をすべきか)十分につかんでおく必要が大切です。
ふたおやに至宝があり得ないから金分相続は関係ない、あたいは何も譲られる下心はありませんので財産相続は関係ない、とはき違えをする家族が大抵おられます。
損のない葬儀にするためにもなんとなくでも良いのでこんなお別れをして欲しいなぁ、といった想像を、持つことが大切だと思います。
だいたい病院で亡くなった場合数時間以内に葬儀社を探しだしそれに加えて当日内に2~3か月分の給料と同額の、買い物をしないとなりません。