喪家の代表は通夜式・葬儀式の実務的なところでの窓口となり広い範囲の働きとしてはご列席者への挨拶、などをすることが考えられます。
喪家という事はご不幸の家族を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を用いることも多々あり喪家は関西地域を主体として、導入される、傾向にあると言えます。
普通は我らは『法事』と聞かされていますが、忠実に言うと、先生に読経を読んでもらう点を「法要」と言うので、法要と食事の席も合わせた祭事を『法事』と指しているそうです。
同居の父がいつからか一人でおもむろに出掛けて毎回お葬式・お墓・永代供養などのチラシを集めて帰ってきて楽しそうに話を聞かせてくれました。
失敗しない葬儀だと思ううえでも何となしでも良いのでこんな葬儀がよいなぁ、ってイメージを、持つことを勧めます。

『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と言われるのはイメージ通り一生涯の終わり方の活動であり、人生のラストを更に良いものにすべく事前に段取りしておこうといった活動です。
現今では通夜・告別式をしない直接火葬場で故人を納骨する『直葬』を仕切る家族が増加中です。
そんな感じに必要な人を離別された身内、については、隣近所の、人間が、懐事情、お助け、してあげる。
ビッグな祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)様々な僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)多数の会葬者を集めた葬儀と言え、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、歴史あるお寺に荘厳なお墓を建てようが、お墓参りをする人がさほどいないお墓もある。
葬儀の性質や実施するべきポイントと言うのは葬儀会社が指示してくれますし喪主のお礼の言葉も定型文が所有されていますから、それを少し家族のエピソードなどを加えて挨拶に変えればいいだけです。

良いお見送りする会とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで立ち止まることなく無事に葬儀を終わらせることができ、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀だと言えるんじゃないでしょうか。
追悼スペースに足を向けた参加者の方たちが酒好みの○○さんはよく召し上がっていたなぁ、と申されていて、ご遺族は感動されてました。
伝統的に地元密着といったフューネラル会社がたくさんですが今日この頃ではお客様の事情に合わせたプランニングの葬儀社など、各々の特徴をいかした、葬儀社も見られます。
浄土宗ではどこの聖人を本尊と理解しても何もかも菩薩に通ずるとした経典ですが、故人宅で葬儀式を行うときは、ご本尊という形でお軸が使われています。
この祭事は式場の準備や本位牌の支度など準備を事前にすることが多く、(いつまでに何をするのか)慎重に察しておく必要です。