天台宗ではいずれの仏様をご本尊と考えても全部菩薩に通ずると考えた教えですが、往生人宅でお葬式をするときは、本尊様ということでお軸が用いられたりします。
仏教の教えを精通して平常の難題を対応したり、幸せを夢見る、そして、本尊を通してご先祖様のお勤めをするのが仏壇の役目です。
どんなに人から耳にしたような書物に記されているみたいなここがベストとされる場所にしても常にお参りできない、といったスペースでは、もったいないのです意味がないと思います。
「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を揶揄した言い回しだけでなく「葬式に関わるから穢れている」という主旨をもったりする。
子供や大切な人への希望を伝達するノートとして、そのうえ自身のための考え要約帳面として、年齢に縛られず気さくに書き込む事が期待出来る、社会生活の中でも有益なメモです。

最近では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っているようですががんらい祭祀儀礼を行う建物および、祭祀儀礼を履行する施設全般を指す呼び名であり、お通夜葬儀のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ぶものも多いです。
火葬に相当する職業者は江戸時代から私度僧が人々の中に入り道ばたに見捨てられた死体を集め、供養して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と称されたのだろう。
死者を想い葬り去る場所が死者を隣に財産を奪い合う醜い場に変貌し誰が誰を弔っているのだろうか、という疑問を思った事を記憶している。
四十九日の忌明け法要まで行使するというのが一般などでお通夜または葬儀告別式に参列出来なかった知り合いが、弔問に来られた場合には、ここで手を合わせていただきます。
小生が喪主となるのは縁者の葬儀主人の葬儀令息の葬儀ぐらいのもので、父親の葬式も三男だから任されないし、息子の葬儀も先立つと喪主にはなりません。

忘れられない方が亡くなった事実を重要な現実として受け止め個人をお参りし集まった家族や友達と、その気持ちを同調する事が、心が浄化されていきます。
初の葬儀を進行する方は疑心が増大すると思いますが葬儀式は人生で何回も行うことではないので、往々の方はアマチュアです。
仏の供養をやる方が失い消えてしまうとか親類、の代理人になり、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にゆだねて、亡くなった故人の命日に、区切りの年数、供養をして貰う事、永代供養を意味します。
家族葬儀の内情として民間は『遺族だけの葬儀式』『遺族と友人だけの仏事』がほとんどで、家族葬の域にに連鎖する気分も個々と思われます。
粛々とした葬儀を考えているのにもかかわらず高額な飾り付けや派手な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を提案されるケースは、葬儀業者の考え方が、しっくりこないということです。