『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と言われているのは見たイメージのままラストライフの終わるための活動であり、シニアライフを更に良いものにすべく事前に用意していようと思っている取り組みを言います。
家族葬には目に見えた思想はなく遺族を中心に、友人など故人と深い人が呼び集まり見送るほんの少しのお葬式を言うことがだいたいみたいです。
普通の列席者はご家族の後ろ側に座り着いた方からご家族の背中側に座って、もらえば、負担なく誘導できます。
悔やまない葬儀だと思ううえでも明確でなくても良いのでこんなお別れをして欲しいなぁ、といったとらえ方を、することが大切ですのでお勧めします。
お別れの時ではご一同様により棺の内部にお好きな花を供えて、死者とのエンディングの別れをしてもらい、火葬場へ出立します。

この数年で墓石の製造技量のものすごい向上により設計の柔軟度が、思い切り躍進し、個人のお墓を、個人でデザインする事が、出来るようになりました。
今日日は斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼んでいますが元々祭祀儀礼を営む場所および、祭祀儀礼をする施設全般を示す呼び方であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うようです。
わたくしらしい幕切れを迎えるために彼が衰えたり災害で健康を害したり不具合で啓示出来なくなっても晩期まで私の意向を敬った治療をします。
親しいお坊さんが承認していない、本人の家門の宗派が不明な方は、ともあれ親族や田舎の人に聞くのがいいですよ。
喪家という事はご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西各地を中心に、活用される、傾向にあると言えます。

法要参列の方々に心を浄め仏陀の面前に仏になった亡き人を迎えて、再度言葉をかけて、供養するものだと思います。
普遍的に我々は『法事』と言うそうですが、綿密に言うと、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にお経を読んでもらうことを「法要」と言いますので、法要と食事の席も合わせた行事を『法事』と言うそうです。
終の家屋で身内だけの法事をされる時戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが心にしっくりくるとしたらそれでも結構なのでは、無いんじゃないかと考えます。
お寺と関わることがなく葬儀の時間に葬儀業者に坊主を仲介して頂くケースは、お布施の金額はいかばか差し出せばいいのかはかりかねるので、リスクを抱え込む方も多いようです。
それ相当のお葬式を行うならばやはり思っている以上に請求されると思いますが、様々なプランによって、ざっくり100万円くらいは、減らすことができそうです。