この頃先生などは葬式や法要でお経を読む人という感じが強いですが、古来から僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)とは釈迦の教えや、仏教などを間違いなくわかるように、言葉にするのが正業なのです。
葬儀を用意する方は遺族の大代表、地域の世話役や関連する協力会、仕事先の人など、信じる人のアドバイスを比べて決定するのがいいと思います。
静かでコンパクトな葬式を考えていながら大きな祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や派手な演出を推奨される場合は、葬儀業者の方針が、あっていないということです。
満中陰法要の際とは違い時間がたっても残存するもので結構だといえますし住んでいる場所の慣わし等によっても、差異があるものですので、デパートなどでお問い合わせされるのもデパートなどでお問い合わせされるのも、良いのではないでしょうか。
対象者・家族・仕事先近所の方・友人・付き合いのある人をきちんと確認し適応したアドバイスと、最良な葬儀プランを、お勧めいたします。

死んだ方の居室の取り片付けクリーニング作業、不要家具の措置とかの遺品生理は、至るまでうちの方の手で施工することがポピュラーでした。
後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)は葬式を終え白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を整理した後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを自宅に安置しておくための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)のことを言います。
加えて斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)への宿泊が困難とされる場合、遠離からの参列者のホテルの手配をしたり、レンタル衣装や着付けなど、葬儀式では何かと急遽としたごたごたがあります。
日蓮宗のお寺などにお勤めしたことのある人だったら把握していると思っていますが、寺院に飛び込むと、奥の菩薩を配置している法座や僧が祈祷するための壇が置かれています。
そのうえお墓のスタイルも今日この頃では色々で一昔前では形がだいたい決まってましたが今では洋風化された、お墓が増加中ですし、自由な形にする方も、多数おられます。

尊い方と過ごした価値ある時間が認めた上で故人の冥福を祈る事で参加した親族友人と、悲しみを共感することが、グリーフケアにつながります。
通常はお通夜に喪主喪家の口上はありませんでしたが、近来では通夜に参列者が増えており、謝辞を言う人も多くなったといわれています。
妻や家族への想いを言付けするノートとして、この上私自身のためのデータ整頓ノートとして、歳を問わず気取らず文筆することが出来る、庶民生活の中でもありがたいノートです。
家族葬には明瞭な原義はなく親族を中心に、親しい人など故人と交際の深い人が顔を合わせお別れする少数でのお葬式を言うことがだいたいのようです。
先祖代々に関しての供養ということで家族たちでしていく方が、一番ベストなのですが、色々な事情で、実施できないケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に連絡を入れ、卒塔婆を立てるご供養だけを、求める事もあります。