葬式はお寺の宗教者によって授戒(戒律を授けること)と引導(死者を彼岸に)を行う宗教式で、通例では親類が参列されていました。
仏像や彫る人を想定した様々な概要が記載されており仏像の主観仏像の彫り方、名高い仏師掲載、仏像の種、入手のやりかた、魅力はなにか?意味はどこになど様々です。
葬儀の動向や執り行うべき点などは葬儀業者が教授してくれますしお礼の言葉も定型文が準備されていますので、そして少し家族の言葉を加えて話をすれば大丈夫ですよ。
名を惜しむ方が死んだことを現実として受け入れ亡くなった人のの霊を供養し集まった御遺族や御友人と、悲しみを分かち合うことで、心が浄化されていきます。
細君の一家は浄土宗でお位牌を預け入れるのですが、僕の生活する周辺には融通念仏宗の寺院がないと思います。

家族葬の感覚として平民は『ご遺族だけの祭儀』『遺族と友人だけの葬儀』が概ねのイメージで、家族葬儀の専門部にに関する印象も各自と思われます。
忌明けの法事まで働かせるというのが当然にてお通夜とか葬儀に列席出来なかった友人や知り合いが、弔問に来られた場合には、後飾りでお線香をあげていただきます。
近頃では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っているようですが元々祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を施行する建物全般を指す呼び方であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ぶ事が多いみたいです。
対象者・家族・仕事先近所の人・ご友人・趣味の範囲をチェックし納得していただける、最良な家族葬プランを、ご提案します。
後飾りは葬儀式を終え葬儀の祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を片付けた後に遺影写真・遺骨・ご位牌と言われるものを法事まで自宅に安置しているための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)のことをさします。

納骨堂は関西各地に募集しており駅からも近くて手を合わせるのに便利なお寺や都内から距離のある、静寂な寺まで、選択肢はたくさんあります。
ご先祖に対してのお参りなので遺族たちですべきことが、最良だと思いますが、それぞれの事情で、実践できないケースには、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りに限定して、求める事もあります。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)は本来日本古来の神道の用語で儀式や典礼を執り行うところを位置付けしましたが、今日この頃では、転じて中心にお葬式を執り行うことが可能な施設を指します。
家族葬フェアや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや葬儀ホール見学会などを行っているはずですから、第一はそれらに参加することを助言しています。
満足できる葬儀を行うためにもうっすらとしたもので良いのでこういう見送りにして欲しいなぁ、ってイメージを、お持ちになると良いでしょう。