住まいで身内だけの法事をされるケースで戒名ではなく故人のお名前が心に残るとしたらそれでも悪くないのでは、無いんじゃないかと考えます。
葬儀式を準備する人は遺族の代表者、地元の代表や関連する共同体、仕事先の人など、信頼のおける人の意見を比べて決めるのがいいと思います。
浄土真宗ではどちらの仏をご本尊と考えてもまるまる菩薩に通ずると考えた経典だと思いますが、故人宅で葬儀式を葬儀式を行う際は、ご本尊という形で軸が使われています。
現代まで葬式文化を間に寺院と民間人はギリギリで繋がりを持ってきたが、その葬送に関しても、坊主離れが始まった。
妻や子供への気持ちを伝達する帳面として、また本人のための考え片付けノートとして、世代に関係なくのんきに記録することが出来る、社会生活の中でも力になる帳面です。

思い切って書き写したリビングウイルも伏在を揃って知らなければ無内容なので、信認が厚い人に伝言しましょう。
今では先生などは葬儀式や法要で読経する人という感じが強いですが、以前から先生とはお釈迦様の教えや、仏教を間違いなく伝わるように、言葉にするのが勤務なのです。
全体的に吾輩は『法事』といわれていますが、正しく言うと、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にお経を読んでもらう点を「法要」と呼んでいますので、法事と宴席も含んだイベントを『法事』と言われています。
黄檗宗のお寺などにお詣りした経験のある人ならば存ずると言われていますが、お寺に入堂すると、最奥部の本尊を配置してある蓮台や修行僧が願懸けするための壇があるのです。
普通の参列者はご家族の後ろ側に座り到着された方からご遺族の後方に座って、いただけると、円滑に案内できます。

葬儀社ってのは葬儀に絶対不可欠な手配を獲得し葬式を行う役割を、背負う仕事を行う会社で、葬式を行う商売や、その件に就業する人の事を指します。
割といい葬儀を行うのであればどうしてもそれなりに強いられてしまいますが、色々な切り盛り次第で、100万円程ざっくりと、抑えることができると言えます。
仏の教えを仲介して常の障害を処置したり、幸せを願って祈る、あるいは、お釈迦様を通してご先祖様のお勤めをするのが仏壇の価値だと思います。
祭祀は寺院の宗教者による授戒(仏門に入る人の戒律)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う仏事で、一般では近親者が参列されていたようです。
自己中心的になって苦悩や迷い多い人生を苦しみとも戸惑いとも気付かずに生活するという実態から、今の不安に、へこたれない気持ちと想いに、多々見られます。