多くの家族はお葬式を行った事例がないのでいくらかかるのか不安葬儀社に電話する前に概略を理解したい、と不安に感じているようです。
仏式では北枕で安置しますがご遺体安置の習わしは仏式の他に神式、キリスト教など、各々の宗教や宗派によって決まりごとが変化します。
リアルな本義がない『家族葬』という用語ですが、重心的に家族や友人、親しい方をまとめ役としたちょっとの人の葬儀のブランド名として抜擢されています。
葬儀を下準備する人は家族名代、地元の世話役や関連する共同体、会社の人など、思慮のある人の意見を思念して決定するのがいいと思います。
最大の祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)多数のお坊さんたくさんの参列者を集めた葬式でも、冷え冷えとした空気しか感じられない葬儀も存在するし、由緒あるお寺に大きなお墓を建てようが、、供養をする人がほぼいないお墓もある。

お悔やみコーナーに顔を出した参列者の面々が○○さんは酒好きでとことん飲んでいたなぁ、と呟いていて、ご家族はビックリされました。
一例とすれば葬儀会場ひとつとっても有名なホテルの大部屋が良いという方もいれば、寺院の格式高い情景のなかで、お別れしたいという方もいらっしゃるようです。
通夜葬儀告別式という式典は執り行うことでご家族のお別れという現実を受け止めて、明日からの新しい生活への、糸口となります。
今までは通夜は故人の近しい人たちが終夜死者に付き添うことが習慣でしたが、この頃は訪問者を参じて通夜を施工し、数時間以内に閉式するのがポピュラーです。
家族葬には率直な概念はなく遺族を集中的に、関係者など故人と結びつきのある人が首をそろえ決別する多少の葬儀を指すことが多いみたいです。

今日日は斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とも称されているが本当は祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を開く建物全般を指す呼び方であり、通夜・葬儀告別式のみ行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っています。
悔いることのないお葬式だったと思えるように漠然としていて問題ないのでこんな葬儀がよいなぁ、ってイメージを、持つことを勧めます。
葬式の動きや進行すべき点というのは葬儀屋が案内してくれますしお礼の言葉も定型文が準備されていますので、それを少々家族のエピソードなどを加えて話をすれば良いと思います。
この日まで葬送業界を楔に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と民衆は何とか繋がりを持ってきたが、その葬送に関しても、仏教離れが進行した。
ふたおやに資産があり得ないから財産贈与は関係ない、おいらは何も引き継ぐ下心はないゆえに金分相続は関係ない、と記憶違いをしている家族が数多くおられるそうです。