仏の供養を行う方が滅失してしまうとか親類、の代行者として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に依頼して、亡くなった方の命日に、決められた期間、供養すること、永代供養の事を指します。
とてつもない祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)たくさんのお坊さん大勢の会葬者を集めた葬式でも、冷え冷えとした空気だけしか感じられない葬儀があるし、歴史ある寺院に大きなお墓を建てようが、墓守をする人が来ないお墓もある。
家族葬儀の現象として民間は『家族だけの祭事』『家族と友人だけの葬式』が過半数で家族葬儀のゾーンにに関する直観も各自だそうです。
お仏壇とはその名が示す通り仏様結局のところは如来様をお参りする壇の事を指しその事に加え近年では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、普通になってきました。
遺族の要望を表してくれるというのは別の言い方をすればご家族本位である葬儀社だといえますしこういった葬儀社さんは、ほとんどの場合、よその要素も。申し分ないと思っていいでしょう。

通夜式と言う定式を取り組む身近な人の死という大きな変化を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、きっかけとなります。
サンプルとしてお葬式の会場に関しても大きなホテルのホールがいいと思うこともあれば、お寺の格式高い雰囲気の中で、お別れを希望するご家族もおいでになるようです。
気持ちの良い葬儀とはお別れだけに専心出来る葬儀のことで躊躇することなく無事に葬儀を終わらせることができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀かもしれません。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは古の時は古来神道の言い回しで典礼や儀式を行うところを言いましたが、現状では、転じて中心に葬儀・告別式を執り行うことが望める建物を指します。
火葬に従事する職業は過去から宗教者が人々の中に入り道端に放置された遺体を集め、お参りして火葬したことが始まりとして、『オン坊』と称されるようになったのだろう。

過去では通夜は故人の関係深い人たちが夜明けまで死者に付き添うことが慣習でしたが、昨今は列席者をお呼びして通夜式を行い、2時間程度で完結するのがメインです。
葬儀式を着々と行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションも大切ですのでご遠慮なくご相談いただければ、お聞きください。
しかしながら近頃は火葬のみの方や家族葬を希望する方が増える一方ですのでこの世の最後は、自宅に帰りたいと希望する方も多くなっています。
民衆的に当方は『法事』と言っていますが、杓子定規に言うと、坊主に読経を読みいただくことを「法要」と言って、法事とその後の食事も合体した行事を『法事』と指しているそうです。
ご一家と決められた皆さんのみを誘って、お別れが出来る、祭礼を、「家族葬」と言われるようになり、この数年で、身近になって、こられました。