火葬に相当する職業者は歴史ある時代から宗教者が民間の中に入り道ばたに放置された死体を集め、慰霊して火葬したことが発端として、『オン坊』と称されるようになったのだろう。
祭祀や法事などでお心を包みますがお経料の包み方や表書きの筆記方法など決まりごとはありますか?
現実的に列席者を何名かお呼びしてどれくらいの大きさの葬儀を行うことをチョイスしたり、亡くなった人の信仰を配慮し、どのような形の葬儀式を行うかを決定したりしていきます。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」をからかった言い回しだけでなく「葬式に携わるから穢れている」という内容をもったこともある。
普通だったら仏様に与えられるお名前と違い、仏道修行で切磋琢磨した、出家者に与えたんですが、現在では、定められた儀式などを、実感した一般の人にも、伝授されることになっています。

仏像や彫る方についての多種多様な見識が記されており仏像の主観仏像の彫り方、著名仏師掲載、仏像のシリーズ、所得方法、魅力は何かなど多種多様です。
ひっそりと小さな葬式を考えていたのにも関わらず派手な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や華美な演出を提案されるケースは、葬儀業者の方針が、あっていないということです。
葬式と告別式とは従来別のもので仏教のお見送りの儀式では先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経等々施し、それから告別式、主にご家族ご親族が故人をお見送りする会が、行われています。
仏のお参りをやる家族が亡くなってしまうとか家族、の代行者として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に相談して、亡くなった故人の命日に、ある程度の年数、供養をやってもらうこと、が永代供養です。
お通夜は往年は家族や近親者が常夜故人に寄り添うものでしたが、現今では半夜で終わる半通夜が一般です。

お釈迦様の経典を仲介して普段の出来事を捌いたり、幸せを祈願する、あるいは、お釈迦様を通して代々のお詣りをするのが仏壇の値打ちです。
最近では墓石の製作工程の大きな進歩により形状の柔軟性が、思い切り高くなり、個人のお墓を、個人で設計する事が、可能になったのです。
一日葬とは在来は前日に通夜の法要を執り行い、余日に葬儀・告別式と二日間に渡り執り行われるお葬式を、通夜式をしないで一日で終止する葬儀式形態です。
多数の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)の力を活かして母親は救われるであろうと思われ供養した結果母は餓鬼の不安から逃避でき、それがお盆の起源だと言われています。
良い葬儀とはさよならだけに専念できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬式を終わらせることができ、最後のサヨナラを行うことが、良いお葬式といえるかもしれません。