葬式と言うセレモニーを成し遂げることでご家族の死というつらい現実を受け入れ、自分の中でけじめをつけて新しい生活を、大きなきっかけとなります。
これまではお墓というものは不気味な思考がしたようですが、近頃は公園墓地のような明るいお墓が大手です。
葬式はお寺の宗教者が授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(亡くなった人を彼岸に導くこと)を行う佛式で、一般では遺族のみが参列されていたようです。
お好みの祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)色々な僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)色々な参列者を集めた葬式だったとしても、シーンとした空気しか感じられない葬儀があるし、大きな寺院に大きなお墓を建てようが、お墓参りをする人がいないお墓もある。
気持ちの良い葬儀とはさよならだけに専念できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬式を完了することができ、ラストのお見送りが出来ることが、良い葬儀と考えられます。

密かにひっそりとした葬儀告別式を検討しているのに高価な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や華美な演出を進められる場合は、葬儀業者の考え方が、しっくりこないということです。
何年もの間祀られていた仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の腐食金具の腐食、彫刻の破損金箔のはがれ、などで、見た目が低下します。
現在では墓石の製作工程の大幅な変化により形状の自由度が、思い切り躍進し、個人の墓石を、個人でデザインする事が、出来るのです。
以前から近しい人で執り行うことが普通だった大衆的だった遺品整理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する土地が遠方だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
葬儀を用意する方は遺族総代、地元の世話役や関係する集団、会社の人など、信用のある人の助言を照らし合わせて決めるのがいいと思います。

死者の気持ちを尊重し身内だけで葬儀を終わらせたところ葬儀式に参加することが無理だった人が、手を合わせに頻繁に実家へ、きてくれます。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』は読んで字のごとく修正の終わり方の行動あり、生涯の最後を更に好事にすべくその前に用意しておこうと思われている考えのことです。
死人を弔い葬り去る席が故人を隣に置いて財産を奪い合う醜い争いの場に変貌し故人を弔っているのはいったい誰なのだろうか、という思いが今も未だ記憶に強く残っている。
葬儀告別式を支障なく行うためにはご質問がありましたらコミュニケーションも大切になりますので細かく思われることでも、聞いてください。
今までは通夜は故人の近しい人たちが日が昇るまで死者に寄り添うのが慣習でしたが、先刻は参列者をお呼びして通夜を執り行い、数時間以内に完了するのが大衆的です。