仏式でする時は安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の手段については仏式以外で神式、キリスト教などの、個々の宗派の特色で習わしが変わります。
一日葬とは一昔前は前日に通夜式の法要を行い、次の日に葬式と二日またぎで取り仕切られるお葬式を、通夜式を行わない一日で終止する葬儀の流れです。
これまでは墓石というと薄気味悪い思案があるといわれていますが、昨今は公園墓石等のオシャレな墓園が主体です。
失敗しない葬式だったと思えるようにもうっすらとしたもので良いのでこのような葬儀にしてほしいなぁ、といったとらえ方を、持つことを勧めます。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の考えのお葬式では第一に宗教者による読経などがされた上で、そして告別式、主に家族が故人を見送る会が、施されています。

自身が喪主となるのは保護者の葬儀主人のお葬式娘の葬儀ぐらいで、父親の葬儀も次男なので務めはしないし、息子の葬儀式も先に亡くなると喪主はしないでしょう。
自分のお葬式や葬送のしかたについて生前から決めておく事を望む方旦那様と相談したりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
同居している父がいつだったか一人でおもむろに出掛けて毎回お葬式・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰ってきて生き生きと説明してくれました。
今では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とも呼ばれるが元々祭祀儀礼を行うスペースおよび、祭祀儀礼を施行する建物全般を示す言い方であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うようです。
別れのタイムはご一同様により棺の内部に好きな花を入れて、故人との末期の別れを行ってもらい、火葬しに行きます。

葬儀式は数多返り取り仕切ることじゃないので、把握している葬儀屋ががなくて病院から教えられた葬儀社に用いる事が多くあります。
今までは通夜は故人の関係深い人たちが日が昇るまで仏に寄り添うのが慣習でしたが、先刻は列席者をお迎えして通夜式を行い、2時間程度で閉式するのが殆どです。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)は本来神道用語で儀式や典礼を執り行うところを定義しましたが、今日では、転じて主体的に葬儀を施すことがすることが出来る場所を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言います。
祭事はお寺の仏教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う宗教儀式で、鉄則では遺族のみが参列されていたようです。
仏像や彫る人を想定した膨大な情報が載っており仏像の見解仏像の彫り方、名高い仏師紹介、種目や購入の仕方、仏像とは?魅力はなにかなど多々あると思います。