哀悼スペースに出向いた列席者の方たちが故人はお酒が好きでとにかく召し上がっていたなぁ、と話をされていて、ご家族はビックリされていた。
最近僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)などは葬儀式や法要で読経する人という概念がありますが、古来から坊主とは釈迦の言葉や、仏教を間違いなくわかりやすく、知らせるのが役割なのです。
多くの喪主は葬儀を執り行う経験はございませんので費用はどれほど見ればいいの?相場がどれ位なのか知りたい、と気がかりになるようです。
加えてお墓のスタイルも今では色々と存在し一昔前までは形もほとんど同じでしたがこの頃では洋風の、墓石が増加傾向にあるようですし、自分の思い通りの形状にする方も、増加中です。
自分の葬儀や葬送の方法について生前から決めておく事を念願する方家族と相談して決めたりエンディングノートに書く風潮も起きています。

亡くなった方の居住空間の取り片付け汚れ落とし、ボロの廃棄処分などの遺品生理は、現在に至るまで身内の方の牛耳るという意識が通説でした。
故人を想い葬るステージが亡くなった人を隣に置いての財産争いの場に変貌し死者を弔っているのはいったい誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
お葬式にこだわりなどと不思議に思うかもしれませんがお葬式を想定する上では何に注目すべきか、ということなのです。
まだまだ若いころにお母さんを死なれたので祭事は専門外なので、更には質問する親戚もいないから、十三回忌といっても何を行うのが良いのか分かりませんでした。
私が喪主となるのは母の葬儀主人の葬儀子供のお葬式ぐらいであり、父親の葬式も長男じゃないので引き受けはしないし、息子の葬儀式も先立つと喪主にはなりません。

四十九日の時とは違って将来的に残るもので大丈夫でしょうし地域の仕来り等によっても、違うものですので、百貨店などでご相談されるのも仏具店などでご相談してみるのも、いいでしょう。
あるいは弔辞を述べる当事者にしたら緊張するのが現実ですから式進行に組み込むのであれば、早いうちに相談するようにして、承諾してもらいましょう。
今日まで葬祭関連を中継として僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と大衆は首の皮一枚で接点を持ってきたが、その仏事においても、仏事行事離れが始まった。
二世帯で住んでいた父がとある日一人でふらっと散歩に外出して習慣的にお葬式やお墓関連のパンフレットを貰って帰宅してきて談笑していました。
仏事と言う大典を成し遂げることでご家族の死という人生の大きな相違を受け入れ、明日からの新しい生活への、一歩を踏み出すきっかけとなります。