一般的に葬儀式場ひとつにしても一流ホテルの式場が良いという希望もあれば、寺院の勇壮な雰囲気の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
このごろ墓石の製造手法の大きな変化により構想の自由度が、思い切り躍進し、自らの墓石を、自ら構想する事が、出来ると言うことになったわけなのです。
大事な方が亡くなった事実を重要な現実として受け止め故人の冥福を祈る事で集まった御遺族や御友人と、悲しみを同調することで、心がケアされていくのです。
自宅で身内だけの法要をされる場合戒名ではなく亡くなった人の姓名のほうが心にしっくりくるとしたらそれはそれで結構なのでは、無いんじゃないかといえます。
損のない葬儀にするためにもなんとなくでも良いのでこういう感じのお葬式にしたいなぁ、といった感覚を、持つことを勧めます。

故人を想い葬るステージが死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わり誰が一体故人を見送っているのだろうか、という疑問を感じたこと記憶している。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは残りの暮らしを『どんな感じに生きたいか』といった希望を進行すること、ライフのエンディングに向かってエネルギッシュに計画することで、良好な生きる活動です。
満中陰法要の際とは違い日がたっても残存するものでいいですし住んでいる場所の風習等によっても、差異があるものですので、百貨店などでお問い合わせされるのも百貨店などでご相談されるのも、いいかと思われます。
ご先祖に対しての供養ということで身内たちでやる方が、勝るものはないのですが、色々な理由で、実践できない時には、お寺に連絡を取り、卒塔婆を立てる供養に限り、頼むこともあります。
家族葬儀の内情として大衆的には『家族の葬式』『家族と友人だけの仏事』が大半で、家族葬儀の専門部にに従属する傾向も様々と言われています。

祭事を着々と行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションも大事になりますので不安に思われることでも、聞いてください。
本人のお葬式や葬送の手段として生前から決めておく事を希求する方旦那様と相談したりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
何年もの間祀られていた仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の傷み金具の破損、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、によって、印象が低下します。
葬儀を手回しする人は家族総代、自治会の会長や関係する共同体、オフィスの人など、信じる人のアドバイスを思念して決めるのが良いでしょう。
納骨堂は関西各地にありお参りに便利な駅に近いお寺や都内から離れた、静かな寺まで、選択肢は豊富です。