伴侶の一家は真言宗でお位牌を手元に置くのですが、本人の在住一角には時宗の本坊が所在しないのです。
身内と特定の人限定で招待して、さよならが出来る、セレモニーを、「家族葬」と称されるようになり、この頃、拡がって、こられました。
喪家と言う意味はご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を用いることも多く喪家は関西地域を主体として、選択される、ことが大概です。
納骨堂は関東各地に建てられお参りに便利な駅に近いお寺や都内から離れた、田舎の寺院まで、バリエーションは豊富です。
葬儀式と言う儀典を成し遂げることでご家族の死というめまぐるしい変化を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、スタートとなるでしょう。

例として葬儀式場のことに関しても有名なホテルの大部屋がいいという要望もあれば、寺院の勇壮な雰囲気の中で、お見送りしたいという家族もいらっしゃると思います。
小さくひっそりとした葬儀を検討しているのに高価で派手な演出や祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を押し付けられるケースは、葬儀社と考え方が、向いていません。
祖先に関する供養という事で身内たちですべきことが、超したことは無いのですが、各々の都合で、実施できない時には、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りのみを、オーダーする事もあります。
仏事を障害なく行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので小さいと思われることでも、ご相談ください。
長い時間用いた仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の反り金具の錆、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、等にて、印象が衰えます。

今日日はお寺などは葬儀や仏事で読経する人という感じがしますが、そもそも宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを正確にわかるように、届けるのが使命なのです。
葬儀にこだわりなどと驚きだと思われるかもしれませんが葬儀を想像する場合には何にポイントをおきどこを大事にするべきか、という意味だとおみます。
近々では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とも称されているが古来祭祀儀礼を営む場所および、祭祀儀礼を施行する建物全般を指摘する呼び方であり、通夜・葬儀告別式のみ行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称するようです。
重要な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)多様な僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)色々な会葬者を集めた葬式だったとしても、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、由緒ある寺院に荘厳な墓石を建立しようが、供養をする人がほぼいないお墓もある。
思い切って記述したエンディングノートも場所をこぞって認識がなければ価値がなくなるので、確信が持てる人に知らせておきましょう。