ご先祖様に関する供養ですのでご家族によって実施する方が、良いと思いますが、それぞれの理由で、実践できないケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に連絡を入れ、卒塔婆を立てる供養に限り、頼むこともあります。
この程お寺などは葬儀や法事で読経する人といった感じがありますが、大体先生とはお釈迦様の言葉や、仏教などを正確にわかるように、知らせるのが役割なのです。
お葬式は幾度と体感するわけじゃありませんので、把握している葬儀屋ががなくて病院が紹介してくれた葬儀業者にお願いする事がよく起きているようです。
葬儀と告別式とは従来別のもので仏教の儀式では先ず初めに僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経などが実施されて、その次に告別式、主にご家族ご親族が亡くなられた方をお見送りする会が、敢行されます。
ご自身の葬儀や葬送の進行について生前から決めておく事を念願する方奥様と相談したりエンディングノートに書く方も増えています。

家族葬儀の現象として素人は『ご遺族だけのお葬式』『家族と親しい人だけの葬儀式』が大半のイメージで、家族葬の領域にに関わる気分も違うそうです。
通夜葬儀を着々と行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので、ご遠慮なくご相談いただければ、お聞き合わせください。
交友のある僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)が認識がない、個人の尊家の宗旨宗派が見当もつかない方は、ともあれ実家や本家に聞くのがいいですよ。
「葬式坊主」という呼び方も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を小ばかにしただけでなく「葬式に従事するから穢れている」という要旨をもつ時もある。
小さく気づかれないように葬儀告別式を検討しているのに派手な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や華美な演出を押し付けられたときは、葬儀社の方向性が、あっていないということです。

大抵の参加者はご家族の背後に座り訪問された方から順に家族の後方に座って、くだされば、円滑に誘導できます。
本来であれば命を失った人に付加される称号じゃなくて、仏道修行をした、出家者に受け伝えるものでしたが、この頃では、システマティックな儀式などを、体感した一般の人にも、伝授されることになっています。
大多数の喪主は葬儀をした経験がないので費用はどれ位必要なの?葬儀社に聞く前に世間相場をおさえておきたい、と不安を感じるそうです。
葬式はお寺の宗教者が授戒(仏門に入る人の戒律)と引導(彼岸に導くこと)を行う佛式で、道理では遺族のみが列席されていたようです。
火葬にあたる仕事をする人は江戸時代から僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)が民間の中に入り道の隅に放置された死体を集め、慰霊して火葬したことがきっかけとして、坊主と呼ばれたのだろう。