女房の実家は融通念仏宗でそのお位牌を保管するのですが、本人の在住一角には真言宗の寺社が存在しないのです。
仏式のケースでは北枕が良いと安置しますがご遺体安置の手法はキリスト教や神式などの、個々の宗派の特色で決まりごとが変化します。
先だっては通夜・告別式をやらないダイレクトに火葬場でお骨を納骨する『直葬』を実施する喪家が増加しています。
葬式や仏事からさまざまな手続き生活にからむサポートまで丸ごと受け入れされていただいている以外ご遺族のマインドケアにも、弊社は取り掛かっています。
仏の供養をやる方が失せてしまうとかご子息、の代理として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にゆだねて、亡くなった方の命日に、契約した年数、供養を行って貰う事、永代供養と呼んでいます。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは次の生き方を『どんな感じに生きたいか』といった希望を形にやること、生きる姿の終わりに向かってアクティブに手筈することで、麗しく暮らす動きです。
古くは墓石というものは明るくない面影がしたようですが、近年は公園墓園みたいな明々な墓園が多いです。
お通夜は本当は身内が明晩故人に寄り添うものでしたが、現今では暮夜に終わる半通夜が普通です。
後飾りは葬儀が終了して祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を終結した後に遺影・ご遺骨・位牌などを仏間に安置してお参りする祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を後飾りと呼びます。
過去では通夜は故人の関係深い人たちが夜明かし故人の傍にいてのが通常でしたが、現代は列席者をお迎えして通夜式を行い、数時間で閉式するのがメインです。

ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前から決めておく事を望む方連れ添いと話し合いをしたりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
禅宗のお寺などにお詣りした体験のある方ならば存ずると言われていますが、寺院に踏み入れてみると、最奥部の仏像を鎮座されている佛座や先生が拝礼するための壇がございます。
古来から遺族の人で執り行うことが民衆的だった通俗的だった遺品処理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する家が遠かったり、近親者ではできないのが問題です。
人知れずひっそりと葬儀告別式を考えていたのに派手で大きな祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や飾りを提案される場合は、葬儀社と考え方が、あいません。
葬式や法要などでお布施を包みますが寄付の包み方や表書きの書く手順など習わしは存在しますか?