現代では通夜式・告別式を行わず直接火葬場で仏を納骨する『直葬』を執行するご家族が増えているそうです。
後飾り壇は葬儀が終わって白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を終結した後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを四十九日法要まで安置しているための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)です。
とは言っても弔辞を述べる人にしてみればナーバスになるものですから式次第に組み込むのでしたら、早めに相談させてもらい、承諾してもらいましょう。
近代では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称されていますが今まで祭祀儀礼を致す場所および、祭祀儀礼を開く建物全般を指摘する言い方であり、通夜葬儀のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うようです。
古からご家族の人で行うことがポピュラーだった通例だった遺品整理ですが、せわしかったり、遺品整理する場所が遠離だったり、遺族ではできないのが現状です。

仏の供養に手を付ける遺族が途切れてしまうとか子供や親族、の代理人になり、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に要望して、亡くなった人の命日に、区切りの年数、供養してもらうこと、永代供養というようです。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と言うのは見たイメージのまま終身のきれいに幕を閉じる方法であり、シニアライフを更に華のあるすべく先立って準備しておかないととされる取り組みを指します。
長い時間利用されていた仏壇にはキズやシミの付着木地の傷み金具の劣化、彫刻の欠け金箔のはがれ落ち、等により、見た感じが悪くなります。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」を小ばかにしただけでなく「葬儀に携わるから穢れている」という要旨をもつこともある。
仏の経典をまとめて平常の難題を除外したり、幸せを渇望する、または、菩薩を通して先人の供養をするのが仏壇のお役目と思います。

女房の老母は天台宗でそのお位牌を受託するのですが、吾輩の在住傍には真言宗の仏寺がないはずです。
だけど現代は希望が火葬だけや家族葬や一日葬という人も多くなったので最後の刻は一番大事な場所でと、自宅を選択する方も増加中です。
死者を想い葬る場が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となり弔っているのはいったい誰なのだろうか、という事を強く感じた記憶がある。
一家代表は葬儀の実務的な面での代表となり広い役目としてはご列席者いただいた人への挨拶、などを行います。
膨大な僧の力によって母親は救われると思っていて供養を行ったら母は餓鬼の恐れから逃避し、これがお盆だと考えられています。