『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれるのはイメージ通りラストライフのきれいな幕のとじ方であり、シニアライフを更に華のあるすべく事前に手回ししておこうと感じている取り組みのことです。
または万一の場合は以前に打ち合わせを、されていた葬儀会社に葬儀を頼むことが叶いますので、本当にというような時も平穏に処理する事ができると思います。
通夜は一昔前は親族が日が昇るまで死者にお供するものが当たり前だったが、近代では夜半に終了する半通夜が一般です。
葬儀や法要などで施物を渡しますが布施の包み方や表書きの書き記し方など規律はございますか?
一家代表者は葬式の実際の部分の代表となり大きな範囲の働きとしてご参加いただいた方への挨拶、などを行うことです。

二世帯住宅で同居の父がとある日一人でフラフラと散歩に出掛けてコンスタントにお葬式やお墓関連のパンフレットを持って帰ってきて楽しそうに話を聞かせてくれました。
最近では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とも呼ばれているが古来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を行う建物全般を指摘する呼び方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っています。
それにお墓の形状も最近ではいろいろあり一昔前では形がだいたい決まってましたが昨今は洋風化された、お墓が多数みられますし、制限のない形状にする方々も、多くなってきました。
自分の葬式や葬送の手法について生前から決定しておく事を希望する人結婚相手と相談したりエンディングノートに記す人も増えています。
嫁の親御さんは時宗でお位牌を保管するのですが、吾輩の暮らす近隣には日蓮宗の本坊が所在しないのです。

ご遺族と厳選された人達のみを召喚して、お別れを行う、葬式を、「家族葬」と称されるようになり、この頃、根付いて、きました。
セレモニー会場から弔辞を請願した人になるまで、需要があれば細かなことまで執筆する事が出来るのが遺言ノートの魅力だと感じる時があります。
葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教の考えのお葬式では先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経などをされ、そして告別式、主にご家族ご親族が故人とお別れする会が、実施されています。
ですから弔辞を述べるご本人にしたら落ち着かなくなるものですから式の中に組まれることなら、早々に申し込んで、相談をして同意を得ましょう。
終の棲家で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなく故人のお名前が胸にくると思うならそれはそれで結構なのでは、無いんじゃないかと考えます。